«
»

沖縄と台湾「琉中の絆」

500

“隣”感覚で“新市場”創出

中琉文化経済協会 謝國棟理事長に聞く

 台湾(中華民国)は10月10日、1911年の辛亥革命から数えて、今年で103回目の国慶節を迎えた。台湾と日本はその間、友好関係を維持し、さまざまな分野において緊密な交流を図っている。そうした中、台湾に最も近い沖縄と台湾の友好交流を促進する組織として、台湾側には中琉文化経済協会があり、沖縄県には、中琉協会(國場幸一会頭)がある。中琉文化経済協会は、台湾にあっても重要な役割を担って沖縄との交流を50年余にわたって存続しており、このたび、“若き理事長”として謝國棟氏が新しく理事長に就任した。沖縄との一層の交流促進などについて謝理事長に聞いた。(聞き手=ジャーナリスト・山口芳弘)

 ――中琉文化経済協会理事長に就任されたが、中琉文化経済協会との出合いは?


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。