«
»

香港の75日、一国二制度の矛盾浮き彫り

800

占拠デモ終結、仕切り直し

 香港行政長官選挙の制度民主化をめぐり、香港当局は11日、金鐘(アドミラルティー)の大通りを占拠していた学生団体ら民主派に対し、警官隊を動員してバリケードの全面撤去を行って247人を逮捕、幹線道路を開通させて一掃した。9月末から75日間にわたる占拠デモは終結したが、中国が台湾に提起する一国二制度の矛盾が浮き彫りになり、中国の香港統治は混迷の度を深めている。(香港・深川耕治)

 11日の強制排除は道路開通を申し立てたバス会社に対して高等裁判所が開通を命じたことに基づき、執行。11月末の九竜半島の繁華街・旺角(モンコック)に続き、裁判所執行官やバス会社関係者らがバリケードやテントを強制撤去し、デモ隊200人以上は裁判所の強制撤去エリア外の隣接する場所で平和裏に抗議した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。