«
»

中国とどう付き合うか?日本の政治再建は? 京都大学名誉教授 中西輝政

300

中国経済に世界史的異変

 安倍晋三首相のブレーンとして知られる中西輝政京都大学名誉教授は、150回目を迎えた世日クラブ講演会(8月20日)で、「中国とどう付き合うか~日本の政治再建は?」と題し講演した。中西氏は、中国経済の世界史的異変を指摘した上で、二つの選挙で大勝した安倍政権に対し保守派の分裂を警戒すべきだと釘を刺した。以下はその講演要旨。

実質成長は2、3%の水準

対中姿勢は聖徳太子に習え/グローバルな価値基準を軸に

  「日本の再建」と「中国とどう付き合うか」というのは、この国にとって常に表裏一体の問題だ。江戸時代、日本は鎖国をした。通常、スペイン、ポルトガルのキリスト教が入ってこないように鎖国した、と教育を受けているが、それよりも突き詰めると、中国と付き合いながら、中国からの悪い影響を回避し日中間では経済・文化交流を続けていこうというもので、その意味では鎖国は現代的意味を持っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。