«
»

過去から学ぶ中国の拡張主義 桐蔭横浜大学法学部教授ペマ・ギャルポ氏

300

尖閣問題に臨む日本の覚悟  力の信奉国家・中国には力で対処を

 チベット出身で中国問題に詳しいペマ・ギャルポ桐蔭横浜大学法学部教授が昨年12月19日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で、「過去から学ぶ中国の拡張主義~尖閣問題に臨む日本の覚悟」と題して講演した。ペマ教授は、「中国という国は力しか信用しない。相手が譲歩したら弱いとみる」と述べ、日本政府に毅然とした対応を貫くことを求めた。講演内容は以下の通り。

譲歩すればチベットの運命/究極目的は覇権、領土拡張

中国の暴走を許すな/日本に2千人の特務工作員

 運命的にこの中華人民共和国といわれている国と大きな関係ができた。私が生まれた時、故郷に中国人はいなかった。ある日突然、中華人民共和国の、いわゆる人民解放軍が、チベットを西洋の帝国主義から解放するという名目で入ってきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。