«
»

デモ隊暴徒化で民主派混乱

800

道路占拠に早期撤退世論増す

 香港行政長官選挙の民主化を求める学生らによる道路占拠デモは、裁判所による強制排除で転機を迎えている。デモ隊側は強硬派による立法会(議会=70)ビル突入で求心力が落ち、香港世論も占拠長期化を望まない声が強まることで親中派は民主派の分裂・弱体化を図る。29日投開票の台湾統一地方選では中国の香港への圧力に警戒感が強まり、対中融和推進の与党・国民党は苦戦を強いられている。(香港・深川耕治、写真も)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。