«
»

占拠デモ、台湾政局に影響

400

香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(下)

――香港の占拠デモは11月29日に投開票される台湾の統一地方選挙に影響を与えるか。台湾政局への影響をどう見るか。

 鄧小平が提唱した一国二制度の本当の狙いは台湾にあり、香港政局は当然、台湾に大きく影響する。台湾では中国が打診する一国二制度に対して支持するのは約1割で大多数は受け入れていない。香港の占拠デモが長期化することで台湾与党・国民党にはかなり不利に働く。台湾では「選挙で国民党を選べば台湾は香港になる」と国民党を揶揄(やゆ)するスローガンまで出ている。

 ――中国共産党規律検査委員会は双規処分で取り調べを続けている周永康・前政治局常務委員について、先月23日まで行われた中国共産党の重要会議「第18期中央委員会第4回総会(4中総会)」で最終処分の言及がなかった。処分はどうなるか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。