«
»

民主派は持久戦の戦略転換を

300

香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(中)

 ――学生を中心とする今回の占拠デモは天安門事件で鎮圧された学生たちを支援する香港での民主化運動とどのような関わりがあるか。

 香港は英領時代の1989年、北京で天安門事件が発生すると、中国の民主化を求める学生たちを支援する運動が支連会(香港市民支援愛国民主運動連合会)を通し、香港大学や香港中文大学などの学生団体も協力してきた。

 7月から始まった香港の金融街・中環(セントラル)を平和裏に占拠して真の普通選挙改革を求めるオキュパイ・セントラル(和平占領中環)運動は、昨年3月、香港大学の戴耀廷副教授、香港中文大学の陳健民副教授、朱耀明牧師の3人が発起人となって結成され、香港の学生団体である香港大学生連合会(学連)、学民思潮なども加わり、準備が進められていった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。