«
»

中台統一は香港動向次第 立法会議員・涂謹申氏

400

揺れる香港 各派リーダーに聞く(3)

 香港の占拠デモと民主化動向について史上最多得票で当選した民主党の涂謹申・立法会議員に聞いた。(聞き手=深川耕治、写真も)

 ――占拠デモは今後、どれぐらい継続するのか、撤退するのか。

 当初、金融街の中環(セントラル)を占拠するオキュパイ・セントラル(和平占拠中環)運動が大学副教授や牧師ら3人を中心に行ってきたが、9月28日からは学生団体を中心とした雨傘運動に軸足が移り、世代を超えた社会運動に変わった。民主党としては世代や各団体の壁を超えた共通組織として「五方会議」を立ち上げ、政府との対話を共通の窓口で交渉できるようにした。

 ――五方会議では政府との交渉をどう展開する動きか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。