«
»

対話決裂、香港デモの長期化も

800

中央政府の意向を最優先 政府

 2017年の香港行政長官選挙について中央政府が決めた現行案に反対する民主派の路上占拠デモをめぐり、香港政府と民主派学生団体の正式対話は直前に見送られ、デモ長期化で曲折が予想される。背後に米中のせめぎ合いがあり、台湾で3月に成功した学生の立法院(国会)占拠による政府対話とは違い、一国二制度の矛盾を背負う香港政府と習近平政権のジレンマが続く。(香港・深川耕治)

 「対話の基礎が揺らいだ。暫定的に中止する」

 9日夜、香港政府ナンバー2の林鄭月娥政務官は記者会見で10日午後に予定していた民主派学生団体・香港大学生連合会(学連)との対話を見送ることを発表した。

対話棚上げの理由として、会見前に学生側の各団体が行った政府への「非協力運動」宣言を挙げ、「それでも誠意を持って建設的な対話を目指す」として新たな対話日程合意を模索するスタンスだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。