ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

民主化へ舵を切ったミャンマー、問われる「期待感の管理」

800

日英グローバルセミナー開く

 東南アジアの最後のフロンティアと言われるミャンマーが、半世紀に及んだ軍政から民主化に向け大きく舵(かじ)を切っている。その民主化に日英は何ができるのか。民主化が頓挫しない条件とは何かなどをテーマに3日、日本財団と英国国立国際問題研究所共催による「日英グローバルセミナー」のシンポジウムが衆院第1議員会館会議室で開催された。(池永達夫、写真も)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。