ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ネット投票、金融街占拠は違法 「愛護香港力量」招集人 李家家氏

400

香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方(下)

 ――7月1日の民主派組織「民間人権陣線」の大規模デモは香港警察の発表で9万8600人、主催者発表で51万人、香港大学民意研究計画の調査では17万人となっている。デモが行われるたびに警察発表と主催者発表に5~6倍もの開きがあるのはなぜか。

 参加者数の調査方法に違いがあるからだ。民間人権陣線の発表では51万人、警察の推計ではピーク時で9万8600人、香港大学民意研究計画の推計では15万4000~17万2000人、香港大学社会工作行政学部の葉兆輝教授の推計では12万2000人。香港大学の調査方法は明示されているが、主催者側の参加者数のカウント方法は明示されたことがない。ところが、興味深いことに、香港の大手メディアは主催者発表を参加者数として報道している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。