ワシントン・タイムズ・ジャパン

ソロモン諸島暴動の底流

11月26日、ソロモン諸島のホニアラにある中華街で、暴徒に放火され煙を上げる建物(AFP時事)

中国、南太平洋の覇権構築へ軍港を視野にツラギ島租借

 中国の一帯一路構想はユーラシア大陸を陸路と海路で東西を結ぶだけでなく、一本の短刀のように南太平洋にも突き出ている。その戦略的狙いは米豪の分断にあり、太平洋での覇権構築を遠望している。(池永達夫)

 南太平洋の島国ソロモン諸島とキリバスが相次いで台湾との外交関係を断絶し、中国と国交樹立に動いたのは2年前の9月だった。

 そのソロモン諸島の首都ホニアラで11月24日、およそ住民1000人がソガバレ首相退陣を求めた。抗議活動はやがてチャイナタウンが放火されるなど暴動に発展した。

 国軍を持たないソロモン諸島政府のソガバレ首相は、隣国の豪州とパプアニューギニア政府に支援を要請。空路で派遣された豪州治安部隊100人とパプアニューギニア兵士35人が鎮圧に動き、暴動は3日間で鎮静化した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。