«
»

ワクチン提供に感謝する台湾:蔡英文氏の「善の循環」

台湾こそ日本にとって価値と利益を共有する大事な友

 日本が台湾に対し、新型コロナウィルスのワクチンを無償提供し、これに対し蔡英文(さい・えいぶん)台湾総統が日本に謝意を示したとする話題は、『台湾などへの追加ワクチン支援表明に蔡英文氏から謝辞』でも取り上げたとおりです。こうしたなか、この蔡英文氏を巡っては、ポーランドなどに対しても同様に謝意を述べているようであり、しかもその際に発した「善の循環」という表現こそ、私たちの国・日本が目指す方向でもあるように思えてなりません。


日本はアジアから大変好かれている

 意外と知られていませんが、日本はアジア諸国(特定3ヵ国を除く)から「大変に好かれている国」です。

 少し古い調査で恐縮ですが、外務省が2017年11月に発表した『ASEAN10か国における対日世論調査』によれば、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10ヵ国に対する調査で、日本に対し全体の89%が「友好関係にある」と答えたほか、対日信頼度も91%に達していたのだそうです。

 あくまでも個人的主観で恐縮ですが、日本がアジア諸国から深く信頼され、好かれている理由は、やはり日本という国が国際法秩序を大事にし、法や契約をじつによく守り、そして個々の日本人が誠実に振る舞ってきたからではないかと思います。

 実際、同調査によれば、「この50年間、ASEANの発展に最も貢献してきた国はどこか」とする質問に対しては、3位の米国(32%)、2位の中国(40%)を抑え、日本が55%で堂々の1位に輝いています。

 このこと自体、日本の対ASEAN支援の在り方や戦後日本の歩みが高く評価された証拠であり、私たち日本人としても、決して慢心することなく、ただ卑屈になることもなく、これまでどおり、いや、これまで以上に世界の平和と発展のために微力を尽くしていくという姿勢が重要なのでしょう。

台湾もまた友人が多い「国」だ

 こうしたなか、この外務省の調査について、少し残念な点があるとしたら、台湾について触れられていないことです。日本がアジアで大変に好かれているということはわかるのですが、そのほかの国、とりわけ台湾が世界でどう思われているのかについては、個人的には大変気になるところです。

 ただ、これについて間接的にうかがい知ることができる記事が、いくつか出て来ていることもまた事実です。

 台湾国営メディアである『中央通訊』(日本語版)は先日、こんな記事を配信しています。

ポーランド、台湾へのワクチン提供発表 アストラ製40万回分


―――2021/09/04 19:58付 中央通訊日本語版より

 中央通訊によると、ポーランド政府は4日、台湾に対し英アストラゼネカ製のコロナワクチンを40万回分無償提供すると発表し、ワクチンを搭載した航空機がすでに台湾に向けて出発した、などと報じています。

 しかも、記事を読み進めていくと、こんな趣旨の記述もあります。

・昨年台湾から医療用マスク100万枚がポーランドに届けられた
・(台湾外交部は)今回のワクチン提供に「心から感謝している」(と述べた)

 むかしから「情けは人のためならず」といわれます。

 これは、「相手に善意で支援をすれば、それは結局自分自身に返ってくる」という意味ですが、まさにそのことわざどおり、善意で外国に支援をすれば、外国から善意が返ってくるという典型例を見た気がします。

 中央通訊はまた、「ワクチンの確保が難航した台湾に日米をはじめ複数の国が支援の手を差し伸べた」として、「これまでに日本から約334万回分、米国から約250万回分、リトアニアから約2万回分、チェコから約3万回分が届けられた」などと報じています。

 中国による妨害にも負けず、まだ数量的には不十分であるとはいえ、ちゃんとしたワクチンを外国から提供されるのは、それだけ台湾が世界から好かれているという証拠であるように思えてなりません。

蔡英文氏は相手に感謝を忘れない

 しかも驚くのは、この「続報」です。

 同じく中央通訊にその翌日付で掲載された次の記事によると、蔡英文(さい・えいぶん)総統自身がポーランド政府に謝意を示したのだそうです。

蔡総統、ポーランドに感謝 無償提供ワクチン40万回分が台湾に到着


―――2021/09/05 13:26 中央通訊日本語版より

 中央通訊によると、蔡英文氏の発言はフェイスブックでなされたもので、次のような趣旨の内容が書かれています。

・民主主義の仲間が共にウイルスと戦ってくれた
・(ポーランドは)われわれと普遍的価値観を共有し、台湾と共にウイルスと戦ってきた仲間でもある
・(医療物資を贈り合ってきたことは)民主主義国家間が互いに支え合ってきた「善の循環」だ

 「善の循環」!

 まさに、この「民主主義国間の善の循環」の考え方こそ、私たち日本が目指すべき姿ではないでしょうか。

 そして、じつは蔡英文氏が外国に対し、謝意を示すのは今回だけではありません。当ウェブサイトでも今年7月の『台湾などへの追加ワクチン支援表明に蔡英文氏から謝辞』https://shinjukuacc.com/20210707-01/などで報告したとおり、蔡英文氏はわが国に対しても、ワクチン提供に対する謝意を示してくれています。

 個人的には、外国に支援しても、その相手国からは「支援が遅い」、「額が不十分だ」などと恨み言をいわれるのが通常だと勘違いしてしまっていたのですが、蔡英文氏の発言は、「外国に良いことをして、その相手国から感謝してもらえるのは素直に嬉しい」という当たり前の事実を思い起こさせてくれた気がします。

日本と台湾は基本的価値と利益を共有する

 以前の『外交青書:基本的価値の共有相手は韓国ではなく台湾だ』などでも指摘しましたが、日本政府が今年発表した外交青書を丹念に読んでいくと、日本は台湾を次のように位置付けています。

「台湾は、日本にとって、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する極めて重要なパートナーであり、大切な友人である」(同P55)。

 外交青書上、日本の近隣国で、ここまで高く評価されている「国」はほかにありません。

また、『台湾が韓国を抜き「3番目の貿易相手」に浮上した意味』などでも分析したとおり、台湾は日本にとって良き隣人であるだけでなく、産業・経済面においても「3番目に重要なパートナー」に浮上しつつあります。

 現時点において、日本政府は台湾を「国」とは認めていないため、現状でたとえば「日台通貨スワップを締結する」、「台湾をFOIPに招き入れる」などの行動を取ろうとすれば、中国からの反発が非常に強いと予想されます。

 これに加え、台湾という「国」も一枚岩ではなく、「親日一辺倒」ではありませんし、台湾自身が沖縄県石垣市にある尖閣諸島に対する領有権を主張しているという事実については、非常に残念な話ではあります。

 ただ、これらの障害はあるにせよ、それでもやはり、外交においては基本的な価値と戦略的な利害をともにする相手のことは大切にしなければなりません。

 「お互いの相違についてはある程度『棚上げ』としつつ、それよりも相手の苦境に思いを致し、自分たちにできることは何かと考える」。

 こうした本当の意味でのツートラックが成立する貴重な相手国が台湾です。

 蔡英文氏のいう「善の循環」、私たち日本人にとっても大切にしたい考え方ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?


「新宿会計士の政治経済評論」より転載
https://shinjukuacc.com/20210908-04/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。