ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

情報収集狙い行方不明になった米女性アメリア

情報収集狙い行方不明になった米女性アメリア

南方の前進拠点 トラック島物語(中)

【連載】赫き群青 いま問い直す太平洋戦史(2)

 トラック島が日本海軍最大の前進拠点となったのは、日本海軍の対米戦構想と深く関わっていた。日露戦争の勝利から程ない明治40年4月、元帥・山縣有朋主導の下に「帝国国防方針」が策定され、わが国の仮想敵国の第一には陸軍が想定するロシアが、次いで海軍が想定するアメリカが挙げられた。

 帝国国防方針はその後、大正7年、同12年、昭和11年と3度改訂されるが、海軍の主たる仮想敵国は終始アメリカであった。大正12年の改定からロシア(ソ連)に代わりアメリカが、帝国日本の第一の仮想敵国に据えられた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。