«
»

新型コロナワクチン 接種急ぐフィリピン大統領

フィリピンのドゥテルテ大統領=2019年11月、マニラ(AFP時事)

「拒否なら刑務所送り」 2回接種率2%の低さに憤り

 フィリピンで低迷する新型コロナウイルス用ワクチンの接種率に、ドゥテルテ大統領の焦りが表面化した。ドゥテルテ氏は、ワクチン接種を拒否すれば逮捕も辞さない構えを見せ、国民に積極的にワクチン接種を受けるよう強く警告を発した。しかしワクチン接種を希望する国民は3割程度しかなく、政府が目標としている集団免疫の獲得は早くも難航が予測されている。(マニラ・福島純一)

 ドゥテルテ氏は21日に行われた演説で、自治体の責任者にワクチン接種を拒否した住民のリストを作成させる方針を示し、「ワクチン接種を受けるか、逮捕されて刑務所に入るか選択してください」と国民に警告を発した。また「接種を受けない人はフィリピンを去って、アメリカやインドにでも行くといい」と述べ、国外追放も辞さない構えを示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。