«
»

米次期政権の外交と東アジア 日韓リモート座談会

遠藤乾氏

対中圧迫 同盟国は制限的 申 米エリートが警戒感を共有 遠藤

 陳 米大統領選挙で民主党のバイデン元副大統領が選出される状況について日本はどう見ているか。

 遠藤 3点ある。一つは不安が減ったということ。メディアの世論調査でもトランプ当選直後と比べ不安が半減した。二つ目に外交的には伝統回帰の側面が強いだろう。三番目だが、不安がないのかというとこれも違う。一つはトランプ氏の得票数が増えて、彼がホワイトハウスを出ても「トランプ主義」が残り、外交の足かせとしてバイデン政権を縛る。もう一つは、オバマ政権時代に日本の頭越しに中国への接近を図った悪い思い出がある。こういうところにある種の不安がある。

 陳 申先生、韓国はどう見ているか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。