«
»

中国 スリランカに新港建設

ビル・ガーツ

軍事拠点化へ米懸念

 中国はインド洋の戦略的要衝の島スリランカに、巨大経済圏構想「一帯一路」の一環として、二つ目の港の建設を進めている。

 中国が最初にスリランカに設けた港は島の南端のハンバントタ、中国企業への99年間の租借合意の下で3年前から操業している。新たな港は首都コロンボ内にあり、中国が2013年以降に投資した83億㌦の一部が建設に充てられている。

 総額13兆㌦に上るとされるインフラ整備計画、一帯一路の下で、これまで主に開発途上国への投資が進められてきた。スリランカは、その中でも重要な拠点となる。

 一帯一路は、中国の世界的覇権拡大のための隠れ蓑(みの)と指摘されており、米政府は、高利で開発資金を融資した上で、返済を迫り、港や鉄道の管理権を獲得する「債務のわな外交」と中国を非難している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。