«
»

スー・チー論議は続くが、平和賞は民主側の重要カード

yamada

 今年のノーベル平和賞は国連世界食糧計画(WFP)の受賞と決まった。無難な選定だ。だが同賞のドラマ性が最も現れるのは、政権の弾圧やテロ組織の暴力に抗して民主化や人権、自由などのため闘ってきた個人の受賞だろう。

 最近30年では、91年のアウン・サン・スー・チー(ミャンマー)、03年のシリン・エバディ(イラン)、10年の劉暁波(中国)、14年のマララ・ユスフザイ(パキスタン)、18年のナディア・ムラド(イラク)といった人たちの受賞。そこには「あなたの闘いを世界は見守っているよ」とのエールが込められている。

 世界が見守っても、劉暁波氏は死直前まで獄につながれ、エバディ氏は平和賞のメダルや賞状を国に押収され、結局亡命を余儀なくされた。スーチー氏のドラマは、別の意味で暗転。軍による「ロヒンギャ民族浄化」を黙認、擁護しているとして、平和賞取り消しを求める国際抗議の集中砲火を浴びている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。