«
»

女性への非道な犯罪、インド社会が揺れ続ける

yamada

 先週、東京で日米豪印外相会談が開かれ、「自由で開かれたインド太平洋構想」、「4カ国戦略対話」が本格化しつつある。自由、民主、人権を旗印に、中国の拡大に対処しようというスクラム。その中でインドは大きなカギを握る。だが、その国は今、新型コロナ大感染に加え、固有の病=女性の人権と生命の軽視→非道な犯罪でも揺れている。

 13歳、17歳、3歳、19歳、22歳。8月半ば~9月末、首都デリーの東側のウッタルプラデシュ州で、この5人がレイプ殺人の犠牲者となった。

 同州は全国人口の6分の1を抱える大農業州だが、貧困率、非識字率が高く、古いヒンズー社会、男女不平等、カースト制の因習・影響が強く残る。レイプ被害者の多くが最下級カーストの女性たちだ。

 国民世論はレイプとそれに甘い警察に厳しくなった。今回も国内各所で抗議デモが起きている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。