«
»

花蓮港庁長を務めた行政官 江口 良三郎

花蓮港庁長を務めた行政官 江口 良三郎

野球の普及に努め、原住民・漢族・日本人の融和を図る

【連載】台湾で祀られる日本人先覚者(7)

 台湾の野球人気は凄(すさ)まじい。500台湾ドルの紙幣にも野球少年11人が飛び上がって歓喜している姿が載っている。

 2014年2月公開の「KANO」という台湾映画がある。日本では翌年1月に「1931海の向こうの甲子園」という副題入りで公開され爆発的ヒットを呼んだ。1931年8月、甲子園初出場ながら準優勝を勝ち取った台湾代表の嘉義農林学校野球部の快進撃を描いた作品である。その原動力となったのは原住民たちだった。

 台湾における原住民とは、17世紀ごろに中国大陸から漢民族(中国人)が移住してくる以前より、台湾に住んでいた人々のことを指す。日本が統治していた頃の台湾では「蕃人」、やがて差別的な意味を含むものとして「高砂族」と言うようになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。