«
»

反中デモ暴徒化で中越緊張

800

現状変更強行に増す不信感

 中国との領海紛争でベトナム、フィリピンが中国の一方的な現状変更の動きに抗議し、ベトナムでは反中国暴動が激化している。背景には米中軍事バランスの変化があり、中国との単独外交では脆弱(ぜいじゃく)な東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国は南シナ海問題をめぐり、海洋権益では一切妥協しない中国の実効支配拡大に苦慮し続けている。(香港・深川耕治)

 中国の現状変更の動き、ベトナムの反中デモと暴徒化はリバランス(再均衡)政策を重視するオバマ米大統領のアジア(日本、韓国、マレーシア、フィリピン)歴訪後、間もなく始まった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。