«
»

フィリピン南部 連続自爆テロで14人死亡

ホロ

犯人はインドネシア人女性か アブサヤフ副司令官逮捕に報復

 フィリピン南部で連続自爆テロがあり、14人が死亡し78人が負傷する惨事となった。イスラム過激派アブサヤフの副司令官が逮捕されたことに対する報復と考えられており、国軍兵士が狙われたが民間人も多数巻き添えとなった。さらなる自爆テロを計画しているとの情報もあり、治安当局が警戒を強めている。(マニラ・福島純一) 

 スルー州ホロ町で8月24日、連続爆弾テロがあり兵士7人、民間人6人、警官1人が死亡し78人が負傷した。国軍は2回の爆発はいずれもインドネシア人女性を使った自爆テロだとの見方を示した。そのうち1人は2019年に同州で8人が死亡した自爆テロで、フィリピン人初の自爆犯となった男の妻。もう1人の自爆犯はアブサヤフの爆弾専門家の妻とみられている。司法省が自爆犯のインドネシア人について、渡航記録などをインドネシア大使館と連携して調べている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。