«
»

遊牧文化消滅と砂漠化の危機

内モンゴルで進む文化殺戮(上)

内モンゴルで進む文化殺戮(下)

 中国・内モンゴル自治区で窮地に陥っているのは、言語だけではない。モンゴル民族が古来営んできた遊牧文化も、消滅の危機にさらされている。南モンゴルクリルタイ幹部によると、当局は遊牧民に対し、草原保護の名目で放牧禁止や事実上の強制移住の政策を取り、彼らを追い出した土地で畑作や炭鉱を営むという挙に出ているという。

 しかしもともと農耕に適さない内モンゴルの土地では、政策が始まって20年ほどたった今も環境破壊や砂漠化は進む一方で、改善の兆しは一向にない。

 さらにモンゴル文化とは切り離せないチベット仏教も、内モンゴルではすっかり影が薄くなっている。1980年代までに一掃された寺院は現在少しずつ再建されているものの、その数も読経に訪れる人も少なくなった。大切に守られてきた宗教的文化以上に、中華思想が強調された結果、モンゴル民族固有の思想はますます希薄化している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。