«
»

反中感情増すインド、米に傾斜

中国の携帯アプリ削除を呼び掛けるインドの反中国デモ=6月30日、ニューデリー(AFP時事)

国境紛争で中国に辟易 米GAFAが積極投資に動く

 新型コロナ禍で苦しむインドは、それにつけ込む形で北部国境に侵攻してきた中国に辟易(へきえき)し、対中関係のスタンスを変えようとしている。

 かつては21世紀のIT(情報通信)時代を、ハードに強い中国とソフトに強いインドが提携し、牽引(けんいん)しようとの思惑もあったが、米中新冷戦が進行する中、軸足を変えつつある。(池永達夫)

 米印関係の雰囲気がガラリと様相を変えたのは今年の2月だ。トランプ大統領がインドを公式訪問し、モディ首相との会談で新たなエネルギー供給や武器の売買で合意した。直後にインド政府は小売業の外資規制を緩和し、お返しする形で米アップルはインドの直営店開設表明を行っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。