«
»

オーストラリアで大規模サイバー攻撃

オーストラリアのモリソン首相(EPA時事)

中国、関係悪化で戦狼外交か 長期戦略で米豪同盟分断狙う

 オーストラリアと中国の関係が悪化している。豪州は4月、新型コロナウイルスの発生源調査を世界に呼び掛けた。これに中国は猛反発、豪州産農産物輸入や自国民の豪州旅行を制限する露骨な「制裁措置」に踏み切った。

 一方、豪州は中国からとみられる大規模サイバー攻撃にもさらされて「中国の正体見たり」と判断、日本、インドなど「価値観を共有する国」との連携強化に動き出そうとしている。

(池永達夫)

 中国は先月、豪州産牛肉の輸入を制限、大麦への関税を約80%へと引き上げた。まさに絵に描いたような「意趣返し」で、米国との貿易戦争で自らを「自由貿易の守護者」とまで言い切った中国が、豪州に対しては経済報復に出た格好だ。爪を隠し下手に出る韜光養晦(とうこうようかい)路線から力を誇示する強硬な戦狼(せんろう)外交へ舵(かじ)を切った中国の外交路線の変化を如実に見る気もする。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。