«
»

新型コロナ フィリピン政府、ロックダウン延長

800

感染増加に歯止めかからず

 フィリピンで新型コロナウイルス対策が難航している。他のアジア諸国に比べ早い時期にロックダウン(都市封鎖)を決断し、すでに1カ月以上が経過したが感染の勢いは減速せず、感染者はすでに5000人を超え東南アジア諸国で首位となった。ドゥテルテ大統領はロックダウンの延長を決断したが、資金難などの課題に直面し国民に協力を呼び掛けた。 (マニラ・福島純一)

 フィリピン政府は7日、13日までの予定だった新型コロナウイルスの感染防止に伴うロックダウンを30日まで延長すると発表した。対策委員会のノグラレス報道官は、専門家などの意見から感染者数がまだピークに達していないと判断し延長は必要だと強調。その間に検査能力の向上や施設の拡大を図り、大量検査の実施に備える方針を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。