«
»

新型コロナでフィリピンのルソン島封鎖

ドゥテルテ大統領

交通機関停止、人の移動制限

 フィリピンのドゥテルテ大統領は16日、新型コロナウイルス対策でマニラ首都圏で実施していた封鎖措置をルソン島全域に拡大すると発表した。人の移動を制限しウイルスの拡散を防止する目的だが、公共交通機関を完全に停止するという強硬策に、市民生活や経済に混乱も広がっている。 (マニラ・福島純一)

 今回の封鎖措置は地域をルソン島全域に拡大しただけでなく、マニラ首都圏の閉鎖では見送られていた公共交通機関の停止を実施し、人の移動を物理的に制限するという、さらに踏み込んだ内容だ。地域の拡大により封鎖の対象となる市民は、マニラ首都圏の約1300万人から、ルソン島全域の5700万人に膨れ上がった。

 閉鎖措置の期間は17日から4月12日まで。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。