«
»

内政干渉を求め続けた2人、自己否定と完敗と中国

yamada

 中国・武漢発の新型肺炎を拡大させた一大要因が、共産党政権による情報開示の遅れであることは間違いない。だが中国は、政権の責任、体制の構造問題を問う様な国内の批判は抑えつけ、外からのそれは「内政干渉」だと断固はねつけるだろう。それでも、外国はその情報統制や人権、民族などの抑圧に対し言うべきことを言い、「内政干渉」し続けなければならない。

 ところが、そんな内政干渉がらみで衝撃発言があった。ミャンマーの最高指導者、アウン・サン・スー・チーさんが先日、自国を訪れた習近平・中国国家主席の前でこう宣言した。「人権、民族、宗教を口実に他国に乱暴に内政干渉する国々があるが、わが国は圧力や干渉を決して受け入れない」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。