ワシントン・タイムズ・ジャパン

新型肺炎でWHO緊急委から台湾排除

桃園国際空港

世界の防疫ネットワークに穴

 肺炎で死をもたらす新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け中国は23日、武漢市や近隣2都市の移動制限を発令した。800人以上の死者を出した17年前の重症急性呼吸器症候群(SARS)大流行以来の深刻な事態となっている。ただ課題は、都市の封鎖だけではない。中国の情報の透明性欠落という閉鎖性と政治的な意図による台湾排除が懸念される。 (池永達夫)

 「人から人への感染が見られるのは明白」としてきた世界保健機関(WHO)は23日、緊急事態宣言は出さなかった。ただ、「国際的な感染拡大で、他国の公衆衛生に危険性がある」「ウイルス封印のため国際的協調が必要となる」との2条件を満たせば、緊急事態宣言を出すという。

 それでも中国本土、本土外で感染者は急増を続けている。WHOと各国・各地域の緊密な連携は焦眉の急となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。