«
»

フィリピン首都郊外のタール火山噴火

タール火山

空港封鎖など大きな影響 警戒維持、15万人が避難続ける

 マニラ首都圏近郊にあるタール火山が噴火し、周辺地域への影響が拡大している。フィリピンの火山地震研究所は、火山活動が長期化する可能性を指摘しており、15万人の避難民が帰宅できる目処は立っていない。マニラ首都圏にも火山灰が到達し、空港が封鎖されるなどの混乱が広がっており、経済活動への影響も懸念されている。 (マニラ・福島純一)

 マニラ首都圏から60キロほどの距離にあるバタンガス州のタール火山が、12日に突如噴火した。湖の中央にあるタール火山は景勝地としても知られ、マニラ首都圏から行ける観光地としても有名だ。当日も特に噴火の前兆はなく直前まで観光客が訪れていたが、迅速な避難で噴火による直接の死者はなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。