«
»

フィリピンで麻薬対策トップ人事、野党の副大統領を責任者に

ロブレド副大統領

ドゥテルテ氏 失敗押しつけか

 フィリピンで、ドゥテルテ大統領が驚きの人事を発表した。国内外で物議を醸している麻薬戦争に対して人権批判の急先鋒である野党のロブレド副大統領を、麻薬取り締まりの責任者に任命したのだ。野党陣営からは懸念の声も挙がったが、ロブレド氏は任命に応じてドゥテルテ氏の挑戦を受けて立つ構えだ。 (マニラ・福島純一)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。