«
»

「アジアと欧州の同盟」を研究 笹川財団

800

対中、日台協力に課題 対露最前線国の関係緊密

 笹川平和財団は10月24日、「日米同盟は不公平か?」をテーマにパネル講演会を開催。昨年から1年かけて「アジアと欧州の同盟」を比較研究した結果を報告し、対中国で対峙(たいじ)する台湾と日本の間で公的な協力関係が結べない基本的な問題が存在することを浮き彫りにした。 (池永達夫)

 同研究は、ポーランドのカシミール・プラスキー財団(CPF)の協力を得て、ポーランド、リトアニアおよびドイツの対米同盟のバランスシートに関する調査を行ったもの。「同盟のバランスシート」とは、同盟国の貢献の強みを「資産」、弱みを「負債」とするバランスシート化で同盟関係の鳥瞰(ちょうかん)図を描こうというものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。