«
»

台湾の分水嶺となる総統選

700

最大争点は中台関係 「自由と民主」懸けた戦いに

 来年1月11日に行われる台湾総統選の最大争点は、台湾統一をにらむ中国との関係だ。総統選は、台湾の自由と民主主義が存続できるかどうかの分水嶺(れい)になる。習近平政権は台湾への個人旅行を差し止めたばかりか、台湾海峡での軍事演習にも余念がなく露骨な総統選に向けた圧力を加える。それに対し毅然(きぜん)とした姿勢を保持し続ける蔡英文総統への支持が急速に広がりつつある。 (池永達夫)

 1996年の台湾総統選取材の折、台北市内のあちこちに張り出された「中国史4000年で初の民主選挙」と銘打った政治スローガンに少々、驚かされた覚えがある。総統を台湾住民の直接投票で選出するという意義は小さくはないものの、歴史を引き合いに出した事大主義を感じたからだ。

 ただ、今回の総統選が「台湾の自由と民主、法治の存続を懸けた分水嶺になる」との民進党が共有する歴史的危機感は、中国を30年間見てきた記者には共感を覚える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。