«
»

フィリピンで反日慰安婦像が行方不明

フィリピン人慰安婦像

台座は完成、再制作も

 2017年12月に突如としてマニラ市に設置され、物議を醸したフィリピン人慰安婦像。その後、日本大使館の抗議が実り撤去されたが、このほどその慰安婦像が行方不明になっていることが分かった。慰安婦像がマニラ首都圏にある教会の敷地に、再設置されることが決定した直後だった。 (マニラ・福島純一)

 昨年4月にマニラ湾沿いの遊歩道から撤去された慰安婦像は、複数の支援団体によってマニラ首都圏パラニャーケ市にあるバクララン教会に再設置される計画だった。しかし、今月に予定されていた除幕式の数日前に忽然(こつぜん)と行方不明になったという。

 慰安婦像は撤去後に制作者であるロセス氏の元に戻され、再設置に向けた修復を受けていた。しかし支援団体の代表によると、首都圏郊外にあるアトリエの敷地内に保管されていた慰安婦像が、25日の再設置前に何者かによって持ち去られたと、ロセス氏から伝えられたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。