«
»

南シナ海踏まえ安保協力、ドゥテルテ比大統領が3度目の訪日

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領

天皇陛下の訪比を招請

 フィリピンのドゥテルテ大統領が5月28日から、就任して3度目となる訪日を行い、安部晋三首相との首脳会談で防衛協力などの分野について話し合った。ドゥテルテ氏はまた、日本企業に対しても積極的にフィリピンへの誘致を働き掛け、経済分野での発展にさらなる弾みをつけたい考えだ。さらに天皇皇后両陛下を招待し、フィリピン訪問の実現に期待を寄せた。 (マニラ・福島純一)

 5月31日に安倍首相と首脳会談を行ったドゥテルテ氏は、日本は「兄弟より親しい友人」と述べ、両国の親密さ強調した。加えて「急速な発展を遂げている地域における、平和や法の支配に欠かせない重要な同盟国」との表現で日本との結束を確認した。その上で、両国は「共通の価値観の上に構築された模範的なパートナーシップを持っている」として、今後もあらゆる分野で協力関係を推進していきたい考えを示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。