«
»

フィリピン中間選挙で大統領派が圧勝

グレース・ポー上院議員

麻薬戦争、連邦制移行を推進か 票買収は「不可欠」 ドゥテルテ氏

 フィリピンで13日に中間選挙の投開票が行われ、ドゥテルテ大統領の高い支持率を背景に与党が圧勝した。政権運営の要となる上院選では、ドゥテルテ氏の側近とも言える候補が多数当選。野党は完全に敗北を喫した状況で、さらに強権体制の強化が進むと考えられている。 (マニラ・福島純一)

 中央選管の15日までの非公式集計によると、改選される上院12議席のうち9人がドゥテルテ氏を支持している候補者で、残る3人も無所属ながら政権寄りの候補者だ。野党候補は当選圏内に一人もいない。

 最新の世論調査では、ドゥテルテ氏の支持率は81%と、任期後半を迎えた大統領としては異例の高い人気を維持しており、これを追い風に与党候補が順調に得票を伸ばした形だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。