«
»

NZ乱射事件、オーストリア連立政権揺さぶる

容疑者とつながる極右団体と与党関係者 クルツ首相、関係断絶要求

 ニュージーランドのクライストチャーチで先月15日、2カ所のイスラム礼拝所(モスク)で銃乱射事件が起き50人の犠牲者が出た。白人主義者でイスラム系移民を憎悪する極右思想信奉者ブレントン・タラント容疑者は現場で逮捕されたが、同容疑者が昨年12月、欧州のアルプスの小国オーストリアを訪問し、同国の極右グループに寄付していた事実が発覚、クルツ連立政権は弁明に追われている。 (ウィーン・小川 敏)

 クルツ連立政権は2017年12月発足以来初めて、政権の土台が揺らぎ始めた。乱射事件の容疑者からオーストリアの極右団体「イデンティテーレ運動」(本部グラーツ市、メンバー約300人)が寄付を受け取っていたことが判明したからだ。それだけではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。