«
»

マニラ首都圏で深刻な水不足

ドゥテルテ大統領

ドゥテルテ大統領 水道局の管理能力に不満 「毎年のこと、なぜ準備できない」

 フィリピンのマニラ首都圏で水不足が深刻化し、首都圏水道局への不満が高まっている。広い範囲で断水が発生し市民の生活は混乱に見舞われ、病院や商業施設にも影響を及ぼした。今後もエルニーニョ現象の影響で、まとまった降雨量が期待できないとの観測もあり、新しいダム建設の推進など根本的な改善が求められている。 (マニラ・福島純一)

 3月中旬にマニラ首都圏の水がめの一つであるラメサダムの水位が69メートル以下となり、過去10年間で最悪の水不足となっていることが分かった。これによりラメサダムを管理するマニラ・ウォーター社が水を供給するマニラ首都圏東部を中心に大規模な断水が実施され、市民生活は大きな混乱に見舞われた。断水が1週間以上も続いた地域もあり、市民は連日のように消防車による水の配給を行列をつくって待つという非常事態が続いた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。