ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

中国が台湾取り込み加速

林鄭月娥行政長官(右)と韓国瑜市長

厚遇の韓国瑜氏 総統選出馬か 国民党が対中交流に傾斜

 昨年12月、台湾の統一地方選で大勝し、党勢を回復した最大野党・国民党所属の市長や県長が対中交流へ傾斜する政策を打ち出したことに呼応し、中国は訪中する国民党の首長を厚遇し、香港やマカオの一国二制度を台湾にも適応できるよう民意取り込みを加速させている。先月31日、中国軍機が台湾海峡の中間線を超えて侵犯するなど、武嚇(ぶかく)も行い、硬軟織り交ぜた習近平政権の統一戦略は、2020年1月の台湾総統選で国民党政権の復権として具現化するのか、韓国瑜高雄市長の出馬動向次第となっている。 (香港・深川耕治)

 今後の中台関係、台湾の近未来を見通す上で、昨年12月の統一地方選で「韓流ブーム」を台湾全土に席巻した最大野党・国民党所属である韓国瑜高雄市長の動向は台風の目となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ