«
»

台湾総統選2020、候補者選び本格化

蔡英文総統

与党 蔡氏再選へ足場固め 野党 朱氏リベンジで出馬

 2020年1月に行われる台湾の次期総統選に向けて与野党の総統、副総統候補選びが本格化し始めている。昨年11月の統一地方選で大敗した与党・民進党は蔡英文総統の再選シナリオが崩れて党勢回復に注力、野党・国民党は政権交代の手応えを得たいが二大政党に嫌気が差した無党派に支持される柯文哲台北市長が、第三の候補として意欲を示しており、レースは三者三様の総力戦となりそうだ。 (香港・深川耕治)

 総統選レースは5~6月ぐらいまでに各党の総統候補を選び出し、実質的な選挙戦へ動きだす。さらに副総統候補が決まると本格化する。各党の有力者がどんな形で名乗りを上げ、最終候補に残るか、序盤戦の出方をうかがう重要な時期となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。