«
»

フィリピン アキノ大統領の警告

400

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(10)

 中国の平和的台頭がフィクションでしかなかったことは、誰もが知るところとなっている。

 今月初旬、アキノ比大統領はニューヨーク・タイムズからインタビューを受け、中国を「第2次世界大戦前のヒトラー」として強く批判した。アキノ大統領が言いたかったのは、チェコ・ズデーテン地方のドイツ併合を世界が許容したことで、ヒトラーの冒険主義を引き出すことになった歴史の教訓だった。

 いわゆる力をバックにした侵略の意図を打ち砕くには、ヒトラーに妥協したチェンバレン英首相のような宥和(ゆうわ)主義ではなく、悪を許さない断固とした姿勢こそが問われる。アキノ大統領とすれば、南シナ海や東シナ海で覇権的意図を鮮明にしている中国の野望を世界はそろそろはっきり「NO!」だと言わなければ、取り返しのつかない羽目に陥ると警告したのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。