«
»

フィリピン南部で戒厳令が再延長

ドゥテルテ大統領

難航する過激派封じ込め 中間選挙に利用との懸念も

 フィリピン国内で物議を醸している戒厳令が、ドゥテルテ大統領の強い後押しで再び延長された。南部ミンダナオ島で活動するイスラム過激派や共産ゲリラなどの掃討を目的に、ドゥテルテ大統領が強く求めていたもので、12日に上下両院が賛成多数で承認した。しかし左派系議員や人権団体などからは、人権侵害が悪化するとの批判もあり反対意見も根強い。 (マニラ・福島純一)

 戒厳令が延長されたのは、2017年に発令されてからこれで3回目。期限は19年末までとなる。当初はミンダナオ島マラウィ市を占拠したイスラム過激派のマウテ・グループの鎮圧を目的に、ドゥテルテ氏が60日間という条件付きで発令を決定した。同年10月にはマラウィ市の奪還に成功したが、その後もイスラム過激派の残党によるテロ活動が続いたことから、治安維持を担当する国軍や警察からの強い要請もあり、延長してきた経緯がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。