«
»

台湾金門島 「対中」正念場迎える馬総統

400

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(8)

 対岸の中国福建省厦門(アモイ)まで、最短部でわずか2㌔弱の金門島は台湾に属する。

 その厦門から金門島に渡った。わずか1時間の船旅だ。フェリー「和平の星」のチケット代金は約3000円。南シナ海から流れ込む暖流に大陸から北風が吹き抜け、霧に煙る台湾海峡が今の中台関係を象徴していた。

 金門島は国共内戦で敗北し、台湾に追い込まれた蒋介石の国民党政権が、大陸への反攻拠点とした最前線の島だ。

 金門島西部の軍事用トンネルだった翠●(「羽」の下に「隹」)山坑道を訪ねた。坑道は入り口こそ鍾乳洞のイメージだが、下っていくと1961年に完成したトンネルや海につながった地下埠頭が見学できる。岩盤をくりぬいてつくったこの地下埠頭(ふとう)には42艘(そう)もの大陸上陸用船舶を隠し、国民党軍の反転攻勢の拠点となるはずだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。