«
»

変貌する日本

 日本は、ダグラス・マッカーサー元帥が第2次世界大戦後に日本の社会を再建して以来、まさに最大の文化変容の段階に入ろうとしている。経済が成功するには高度の技術を有する労働力の存在が鍵となるのだが、その代わりになるものをはっきり持たないまま、日本人は、外国人労働者――中には永住する者をも含む――を入国させようという計画を推し進めようとしている。

 日本のしっかりと仕組まれてきた人口は、ほかのどの国よりも急速に高齢化している。目下の予測によると、日本の人口は、今後の40年間に現在の1億2600万人から約8700万人に減るということである。日本は決して海外からの移民を歓迎してきてはおらず、そして、その堅苦しく、独特な社会構造のために、新来者は同化するのが難しくなっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。