«
»

習主席のフィリピン公式訪問

ドゥテルテ比大統領(左)と習近平中国国家主席

「口先」支援を訝る比世論 南シナ海共同探査で合意

 中国の習近平国家主席が20日、フィリピンを公式訪問した。中国の国家主席がフィリピンを訪問するのは実に13年ぶり。南シナ海の領有権問題で激しい対立を繰り広げたアキノ前政権から一転し、融和姿勢を強調するドゥテルテ大統領の取り込みを確実にし、南シナ海の領有権をめぐる東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国との話し合いで有利に立ち回りたい中国の思惑が透けて見える。また、フィリピン側もこれを利用して経済支援を獲得し、立ち遅れるインフラ整備に一気に弾みをつけたい考えがある。 (マニラ・福島純一)

 大統領府を訪れた習氏はドゥテルテ氏と首脳会談を行った後、イスラム過激派の占領で荒廃したマラウィ市の再建事業やダム事業、国鉄再生事業などのインフラ整備の経済支援のほか、南シナ海における共同資源探査で協力することで合意した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。