ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ドゥテルテ比大統領の健康問題

ドゥテルテ大統領

政権左右する不安材料 辞任なら野党副大統領が昇格

 健康問題が浮上し、フィリピンの剛腕大統領の勢いに陰りが見え始めている。自らがんの可能性を語るなど、これまでにない気弱な一面を見せ、世論調査での政権支持率は過去最低となり、半数以上がドゥテルテ大統領の健康に不安を感じていると回答した。病気で任期途中に辞任となれば、ロブレド副大統領が所属する野党に政権を譲ることになりかねず、大統領の健康問題は次期政権を左右する大きな不安材料となりつつある。 (マニラ・福島純一)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ