«
»

台湾地方選挙、民進党に逆風

蔡英文総統

国民党も低調、無党派が鍵 天王山は新北市長選挙

 台湾では、2020年1月の次期総統選の前哨戦となる11月24日投開票の統一地方選に向けて、序盤戦が展開されている。前回(14年)、国民党が歴史的大敗、民進党が大勝して蔡英文政権樹立の道筋を付けたが、今回は政権奪還後の支持率低迷にあえぎ、与党・民進党は防戦を余儀なくされている。一方、最大野党・国民党も伸び悩み、二大政党制への閉塞感から増加した無党派票の流れが勝敗を決めそうだ。 (香港・深川耕治)

 統一地方選は台湾全土22県・市(有権者数=約1920万人)で行われ、人口の約7割を占める6直轄市(台北、新北、桃園、高雄、台中、台南)の市長選やそれ以外の勢力の地殻変動で総統選への勝機が見えてくる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。