ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

フィリピン大統領が施政方針演説、麻薬戦争の必要性強調

800

「私の関心は国民の人生」

 フィリピンのドゥテルテ大統領が、就任後3回目となる施政方針演説を行った。内政では治安当局の超法規的殺人を辞さない強硬な取り締まりに人権批判が出ている麻薬戦争について、継続の必要性を国民に訴えたほか、ミンダナオ島におけるイスラム自治政府の樹立によるイスラム武装勢力との和平実現に意欲を示した。南沙(スプラトリー)諸島を実効支配する中国との南シナ海問題をめぐっては、対中関係改善と権益保持の両立を強調した。 (マニラ・福島純一)

 マニラ首都圏の国会下院本会議場で7月23日に行われた施政方針演説で、ドゥテルテ氏は、まず国内外で人権侵害との批判を受けている違法薬物の取り締まりに触れ、「麻薬戦争の終わりはまだ遠い」と現状を訴えた。また、犯罪組織が麻薬の社会的な悪影響を知りながら排除に抵抗していると指摘し、今後も「冷酷で震え上がるような」対応が必要になると述べ、国民に理解を求めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ