ワシントン・タイムズ・ジャパン

中国の覇権主義はアジア最大の不安定要因 李登輝氏

李登輝氏

日本台湾平和基金会・日本李登輝友の会晩餐会

 先月2年ぶりで来日し、沖縄を訪れた台湾の李登輝元総統が6月23日、糸満市のホテルで開かれた「日本台湾平和基金会・日本李登輝友の会晩餐会」で行ったスピーチは以下の通り。

 日本台湾平和基金会の西田健次郎理事長、日本李登輝友の会の渡辺利夫会長、ご来賓の皆さま、会場にお集まりの皆さま、こんばんは!

 これまで何度も日本を訪れるたび、皆さまから大きなご尽力を頂いてきました。

 本日、この沖縄で、たくさんの古い友人の皆さんと再会できますことを心からうれしく感じております。それと同時に、改めて皆さんに厚く感謝を申し上げたいと思います。

 今回の沖縄訪問の大きな目的は、「台湾人慰霊碑」の除幕式に出席することにあります。

 今、われわれの生きる平和で安定した環境は、決して当然のごとく与えられたものではなく、むしろ多くの人々の善意の結び付きと、不断の努力によってこそ手に入れられるものです。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。