«
»

ネパール、中印との外交バランス重視 エクナト・ダカール氏

300

政治の安定、ようやく実現

元ネパール和平復興相 エクナト・ダカール氏に聞く

 ネパールのエクナト・ダカール元和平復興相(43)はこのほど来日し、世界日報のインタビューに応じた。ネパールでは、2015年に成立した新憲法下で初めて行われた選挙の結果、親中派政権が誕生。これについて、ダカール氏は「地理的にインドと中国に挟まれたネパール外交の基本原則は非同盟だ」と強調しつつも、「これまではインドだけに依存していたが、今は中国とインドの間でバランスを取っている」と、中国の影響力が拡大していることを認めた。 (編集委員・早川俊行)

 ネパールはこれまで、「南アジアの盟主」を自任するインドの強い影響下にあったが、その流れが大きく変わったのは新憲法成立後だという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。